活動内容/排尿管理研究会/第28回

第28回排尿管理研究会  [2011年7月9日(土)]

第28回排尿管理研究会の様子 第28回「排尿管理研究会」を開催いたしました。猛暑の中、医療関係者、介護関係、臨床鍼灸師、学生、製薬メーカー社員など、多職種の方々にご参加いただきました。ありがとうございました。多くのみなさまのご協力のおかげで、今回も充実した研究会となりました。

 今回の発表は、バリエーション豊かで楽しいものでした。院内あげて排泄ケアに取り組み、成果を上げている事例や、排泄を啓発する唄が会場に流れたり、マンガの主人公が画面に映し出されるなど、堅苦しくなりがちな話を上手に演出してくださいました。

 また、特別講演では海外の医療についての貴重なお話を伺うこともできました。発表いただきました先生方に心よりお礼を申し上げます。

 

<一般講演>

旭川医科大学 医学部腎泌尿器外科学講座 松本 成史先生「一般生活者の排尿と排便の関係 −インターネットアンケートの結果より−」
旭川医科大学 医学部腎泌尿器外科学講座 松本 成史

「認知症ケアにおける排泄の取り組み」
株式会社メッセージ 中村 護人

「活動報告”おしっこ・うんちから、いのちをかんがえよう!”親子講座」
静岡コンチネンス学習会 佐藤 文恵

「排尿管理の大きな壁 医療と介護の非連続性の考察」
京都市立病院 泌尿器科 上田 朋宏

「3歳で自己導尿が自立できた女児への関わり -在宅医療へのつながりを提言-」
大阪市立総合医療センター 看護部 田中 悦子

昭和伊南総合病院 小澤 恵美先生「夜間排尿自立に向けた排尿方法の検討」
神奈川リハビリテーション病院 作業療法科 一木 愛子

「院内排泄ケア組織設立の効果」
昭和伊南総合病院 小澤 恵美

「施設入所高齢女性の尿失禁と睡眠に関する研究 -夜間の排尿ケアと睡眠への影響についての事例検討-」
大分大学院医学系研究科看護学専攻 溝口 晶子氏大分大学院医学系研究科看護学専攻 溝口 晶子

「『学会が認める導尿マニュアル』 バルーンカテーテルについて」
京都大学大学院医学研究科泌尿器科 吉村 耕治

「尿意を併記する排尿日誌を用いた Urge perception index(UPI)の臨床的意義」
京都大学大学院医学研究科泌尿器科 吉村 耕治先生明治国際医療大学 臨床鍼灸学 本城 久司

「間質性膀胱炎ならびに慢性前立腺炎に対する鍼灸治療の試み」
宮崎大学 医学部外科学講座泌尿器科学分野 片山 祐一

 

<特別講演>

京都大学医学部附属病院 泌尿器科 助教 杉野 善雄 先生特別講演 「「ピッツバーグで排尿のことを考える」
京都大学医学部附属病院 泌尿器科 助教 杉野 善雄 先生

〜詳しい内容は、会員専用ホームページに掲載しております。是非ご覧ください。〜


懇親会の様子

〜最後に〜
いつも、アンケートにご協力いただき、ありがとうございます。

 みなさまからいただくアンケートには、毎回、貴重な意見が記載されています。今回はかなり詳しく、排尿管理の必要性、ご自身のレベルアップを望む声、職場改善の思いなど、細かく書かれていました。実感がこもっており、厳しい医療現場を見るおもいがしました。患者さんのお世話をすることは精神的にも肉体的にもきついものがあります。

 それに、ベテランになるほどに求められる役割は難しくなり、自らの目標も高くなっていくことでしょう。 今回、何より心強く思いましたのは、回を重ねるごとに、排尿に対するみなさまの意識がどんどんレベルアップなさっていることです。私どもも、より良いセミナーをお届けできるよう、精進いたします。ご参加ありがとうございました。

<<−前の研究会     △目次に戻る     次の研究会−>>


【NPO快適な排尿をめざす全国ネットの会 事務局】
〒604-8172 京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町599 CUBEOIKE6階
TEL : 075-257-8120 / FAX : 075-257-8260 / E-mail : info@hainyo-net.org
◆お問い合わせいただく前の注意事項◆
この連絡先は、各セミナー、研究会及びNPO会員の問い合わせに限ります。
会員以外の方の症状及び病院紹介に関する問い合わせには、 返答いたしかねますのでご了承ください。
詳細は各病院にお問い合せください。
Copyright(C) Comfortable Urology Network All rights reserved 2005.
ページの先頭にもどる