活動内容/排尿管理研究会/第19回

第19回排尿管理研究会  [2007年1月27日(土)]

<一般講演>
三愛園在宅介護支援センター 坂本増美氏「排泄ケアの現場を変える新商品情報」
 株式会社リブドゥコーポレーション 小西宏幸、岡崎真規子 

「施設における排尿管理と管理システムの事例検討」
  特定非営利活動法人愛知排泄ケア研究会 土屋雅彦

「右不全麻痺で尿閉のある患者の排尿自立の援助 退院後QOLを考えてDIBキャップの使用を試みて」
  長浜赤十字病院 5西病棟 山口昌子

「本院での子宮癌手術と術後排尿管理について ―Glassy cell carcinoma症例を通して―」
  公立甲賀病院 産婦人科 林嘉彦

「排泄管理の工夫により介護負担が軽減された例 および宮崎県における高齢者についての考察」
  三愛園在宅介護支援センター 坂本増美

「骨盤臓器脱に対するTVM手術 ―岡山労災病院での経験―」
  岡山労災病院 泌尿器科 小澤秀夫  

「膀胱痛症候群に対する竜胆瀉肝湯の効果」
  横浜市立大学医学部付属病院 泌尿器科女性外来 関口由紀

「過活動膀胱患者に対するコハク酸ソリフェナシンと 塩酸プロピベリンの比較検討」
 産業医科大学 泌尿器科 野村昌良

「パーキンソン病の脳深部電気刺激治療の排尿反射への影響」
 近畿大学医学部 泌尿器科学教室 清水信貴、松本成史

「間質性膀胱炎に対する鍼治療 ―長期治療に関する検討―」
 明治鍼灸大学 臨床鍼灸医学U教室 本城久司

第19回排尿管理研究会のもよう京都市立病院泌尿器科 医師 上田朋宏氏

<特別講演>
「日米トイレ事情 ―快適な排泄空間をつくるために―」
株式会社松永はつ子デザイン室 代表取締役  トイレ壁画デザイナー  松永はつ子

株式会社松永はつ子デザイン室 代表取締役 トイレ壁画デザイナー 松永はつ子氏

◆トイレの作り方
トイレ作りでは、「トイレをまめに掃除しやすくするシステムをどのように作ってい くか?」が大切になってきます。

◆アメリカでのトイレの壁画制作の苦労
トイレの壁画制作にあたって、初めは役所等のアメリカ人を説得するのに苦労しまし た。ただし、アメリカ人は基本的に新しいことに挑戦する人を応援してくれます。そ の姿勢は素晴らしいものがあります。後に、ニューヨーク水族館のトイレの壁画を制 作させてもらいました。壁画制作後、水族館のトイレでいたずら書きがなくなりまし た。

◆ニューヨークの公共トイレの実情
ニューヨークでは、以前1600もあった公共トイレが、現在30前後に減ってしまいました。トイレが銃や麻薬等の犯罪の現場となってしまったことが主な原因と思われます。また、ニューヨークのトイレはテロに狙われる可能性があり、トイレの前で怖そうなお兄さんが仁王立ちし、セキュリティを強化したり、トイレの表示を消したり、といったことがおこなわれております。

◆日本のトイレの現状
日本では、トイレの設計が悪いため、掃除がうまくいかないことが多いです。例えば、ドアと床との間に隙間がなく、床が掃除しにくい、といったようなことです。

◆トイレに必要なもの
基本的にトイレは、「清潔・機能・安全」といった3つの要素が備わっていればいいと思います。すなわち、
1.清潔なトイレ
トイレ機器はすべて壁掛けにし、ブース壁やドアも床との間に隙間を開け、汚れ残しのない、清掃しやすい床を作る。
2.機能的トイレ
多目的トイレ(車いすトイレ)の他にオストメイト対応機器、簡易ベッドなどを併設し、身体の不自由な人に使いやすいトイレを目指す。機器はすべて壁掛け式とする。
3.安全なトイレ
深夜はトイレ入口のシャッターを下ろし、セキュリティに配慮し、電気水道料の節約をする。

ファンシー(ごちゃごちゃと様々なボタンや部品がある)である必要はありません。あまりにも機能が多いと、どれがどの機能かトイレの使用者がわからなくなってしまいます。また、壁画制作にあたり、トイレのシャッターを降ろす(11:00pm〜3:00amまで、人がトイレに居つかないように)ことを条件として絵を描くことを引き受けています。

※さらに詳しくお知りになりたい方は、松永さんの著書「トイレのお仕事−ニューヨーク・トイレ再生物語」(集英社新書)をお読みください。

<<−前の研究会     △目次に戻る     次の研究会−>>


【NPO快適な排尿をめざす全国ネットの会 事務局】
〒604-8172 京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町599 CUBEOIKE6階
TEL : 075-257-8120 / FAX : 075-257-8260 / E-mail : info@hainyo-net.org
◆お問い合わせいただく前の注意事項◆
この連絡先は、各セミナー、研究会及びNPO会員の問い合わせに限ります。
会員以外の方の症状及び病院紹介に関する問い合わせには、 返答いたしかねますのでご了承ください。
詳細は各病院にお問い合せください。
Copyright(C) Comfortable Urology Network All rights reserved 2005.
ページの先頭にもどる