セミナー・ワークショップ/介護セミナー

第34回「快適な排尿をめざすセミナー
間歇導尿指導認定セミナー 中級〜」を開催しました。

日時:2012年12月1日(土)、2日(日)
場所:メルパルク京都
共催:武田薬品工業株式会社
後援:京都府医師会

初冬の紅葉見物で賑わう京都で3回目の中級セミナーが開催されました。
初級・中級を問わずCICの参加者の皆さんから感じるのは、学びに対する積極的な姿勢です。講義の内容を自分のこととして反応する姿は、セミナー終了後のアンケートに真摯に表れていました。今回は少人数のグループディスカッションや演習が実施され、現場力の強化につながったのではないでしょうか。

 

「小児のCICケア」 
講師 田中 悦子 氏 (大阪市立総合医療センター 泌尿器科外来 看護師)

小児のCICケアの特殊性と注意すべき点など症例を交え、一人ひとりの成長に応じた指導法や地域・医師・看護師との連携の大切さを語っていただきました。

「ロール・プレイング CICの受け入れに対する対応能力を養いましょう」
快適な排尿をめざす全国ネットの会 事務局

各グループには医療現場で実際に起こっている課題を解決に向けて取り組んでいただきました。ロール・プレイングは臨床現場でご苦労なさっている様子が伺え、各グループの迫力ある演技には笑いと共感の拍手が一杯でした。

「脊髄損傷の排尿管理」
講師 小澤 秀夫 先生 (川崎医科大学附属川崎病院泌尿器科 部長)

脊髄損傷の急性期〜慢性期の排尿管理のポイントをわかりやすく解説いただきました。また、排尿筋に関与する神経回路と伝達物質、排尿筋に作用する薬剤などについても説明があり、最後にボツリヌス毒素注入療法については症例を挙げながら解説していただきました。

「パンフレットの作り方・作成方法」
第34回「快適な排尿をめざすセミナー」の様子講師: 上田 朋宏 先生 (泌尿器科上田クリニック 院長)

グループワーク:「パンフレット作成のポイントについて、KJ法を活用しよう」
スモールグループのディスカッションを有効に進める手法の一つに「KJ法」があります。
今回はこの手法を用いて「CIC関連の啓発パンフレット」の作成にチャレンジしていただきました。第34回「快適な排尿をめざすセミナー」の様子

課題
1導尿指導時の周囲環境の問題       
2指定疾患(病態)の対応
3患者(患児)家族の対応
4カテーテルのパンフレット・導尿指導マニュアルの作成
各グループは上記テーマから課題を選び、作成していただきました。

「小児のCIC」
講師 百瀬 均 先生 (星ヶ丘厚生年金病院 泌尿器科 院長補佐)

二分脊椎をはじめ、小児に対するCICの適応や注意点などをわかりやすく解説いただくと共に、紀元前から行われていた導尿の歴史についても語っていただきました。そしてCICを実践する立場にいる人々が知っておかなければならないこと、配慮しなければならないことなど、大切なポイントについてのお話がありました。

「ネオブラダーの術式と排尿管理」
講師 上田 朋宏 先生 (泌尿器科 上田クリニック 院長)

尿路変更に伴う排尿管理について。尿を体外に出せなくなる疾患、尿禁制が保たれなくなる疾患などについて解説していただきました。

「プレゼンテーション:課題パンフレット制作発表」
第34回「快適な排尿をめざすセミナー」の様子4つのグループからの発表はそれぞれ説得力があり、患者さんや家族の方々の心情を心得たものでした。また、パンフレット用の制作用紙は知恵を出し合った努力の跡が見られ、少ない素材をうまく活用なさったカラフルで明るい仕上がりでした。どのグループも個性的な力作でした。優勝チームは多職種連携と地域を巻きこむ方法は実現性とバランスの良さを感じました。それぞれの目線で考え、日頃、臨床の場で、実践なさっていることを思わせました。安心と日常性を感じ第34回「快適な排尿をめざすセミナー」の様子させる良さがありました。

修了書授与の後、理事長の上田から理事長賞が贈呈されました。演技賞や遠方から毎回参加なさっている病院の方には、ありがとう賞など、感謝の気持ちを賞という名を借りてお届けいたしました。

今回の研修は「アットホーム」な温もりがあり、のびやかに受講ができたとおっしゃっていただけました。ご参加いただいたみなさんは同じ職業ということもあり、第34回「快適な排尿をめざすセミナー」の様子多くの情報を研修からだけでなく、仲間からも得られたことと思います。また、武田薬品工業株式会社様を始め、コロプラスト株式会社様、株式会社ディヴインターナショナル様、富士システムズ株式会社様の皆様には、展示だけでなく、パンフレット制作にもご協力いただきました。ありがとうございました。

 


【NPO快適な排尿をめざす全国ネットの会 事務局】
〒604-8172 京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町599 CUBEOIKE6階
TEL : 075-257-8120 / FAX : 075-257-8260 / E-mail : info@hainyo-net.org
◆お問い合わせいただく前の注意事項◆
この連絡先は、各セミナー、研究会及びNPO会員の問い合わせに限ります。
会員以外の方の症状及び病院紹介に関する問い合わせには、 返答いたしかねますのでご了承ください。
詳細は各病院にお問い合せください。
Copyright(C) Comfortable Urology Network All rights reserved 2005.
ページの先頭にもどる