セミナー・ワークショップ/介護セミナー

第7回「快適な排尿をめざすセミナー」を開催しました。

日時: 2007年2月3日(土) 13:30〜16:30
場所: ぱ・る・るプラザ京都

1.「自己導尿について」
星ヶ丘厚生年金病院 泌尿器科 医師 百瀬均
2.「自己導尿の実践」
星ヶ丘厚生年金病院 泌尿器科 WOC看護認定看護師 菅井亜由美
まとめ
京都市立病院泌尿器科 医師 上田朋宏

内容

星ヶ丘厚生年金病院 泌尿器科 医師 百瀬均氏自信を持って自己導尿を行うための知識や技術、すなわち尿道留置カテーテルより感染が少ない、自己導尿の習得や指導法についてお話いただきました。

清潔感欠導尿(CIC)の定義
一定の膀胱容量(一般に400ml〜500ml)を超えないように、一定時間ごとにカテーテルを用いて尿を排出する
 
一定の膀胱容量での導尿
膀胱過伸展の予防
1.膀胱が充満することにより、膀胱壁が伸展し虚血を招く。虚血により細菌抵抗力が落ち、感染することを予防する
2.平滑筋、血管、神経の慢性的な伸展障害を予防する
 
一定時間ごとの導尿
1.残尿をなくす:尿中の細菌数を減らす
2.受動的な収縮、弛緩の繰り返しにより膀胱のリハビリテーションになる
 
清潔間欠導尿(CIC)の目的
星ヶ丘厚生年金病院 泌尿器科 WOC看護認定看護師 菅井亜由美氏
・腎機能の荒廃を予防する
・均整の取れた膀胱・尿道機能を回復し、維持する
・尿路感染を予防する
・カテーテルフリーにする
・QOLを向上させる
 
CIC指導時のアセスメント
身体面
1.排尿障害を起こした原因
2.排尿障害の程度 (尿意、失禁、尿閉、尿回数、尿量、残尿、排尿時間など)
3.カテーテル操作上の機能(上肢機能、視力や視野、下肢開脚制限、認知障害など)
4.カテーテル挿入に伴う症状(痛み、尿道狭窄など)
 
心理面
・排尿管理に対する本人の意思、希望
 今までのやり方でよい、と考えている本人に無理やり行うことは難しい
・CICに対する思い、恐怖、不安、羞恥心
 
社会面
・トイレの構造
・日常生活のパターン(導尿回数、仕事、学校)
・職場や学校の環境(その場でトイレに行けるのかなど)
・家族や社会資源などのサポートの有無(どのくらいサポートを受けられるか?継続してきく)
 
CIC方法の決定の視点
1.誰がおこなうのか(本人、家族、看護師)
2.いつ行なうのか(1日の回数、時間)
3.どこで行なうのか(家庭、職場、学校、外出先)
4.どのような場所で行なうのか(トイレ、居室、ベッド、車椅子など)
5.どのような体位で行なうのか(座位、立位、ファーラー位、臥位)
6.何を用いて行なうのか(カテーテルの種類や組み合わせ、潤滑油、鏡)
   例えば、車椅子の人は綿が必要になるなど、使用する本人に応じたものを用いる
 
CICの必要物品
導尿用カテーテル、清浄綿または消毒綿、潤滑剤
 
星ヶ丘厚生年金病院 泌尿器科 WOC看護認定看護師 菅井亜由美氏
カテーテルの種類(再利用型カテーテル)
・セルフカテーテル
・DIBマイセルカテーテル
・セフティカテーテル
・間欠式バルンカテーテル
 
カテーテルの種類(ディスポーザブルカテーテル)
清潔、めんどくさくないなどの理由で人気がある
・サフィードネラトンカテーテル
 特徴:塩化ビニル樹脂
・ポケットカテーテル(1個200円程度で、価格は高いが、ポリウレタンよりよくできている)
 特徴:親水性コーティングパッケージを押すと水がでて潤滑剤になるポリウレタン素材
 
清浄綿または消毒綿
外尿道口の清潔のため
・清浄綿を使用する(アルコールを含まない)
・塩化ベンザルコニウム(0.02〜0.025%)
・塩化ベンゼトニウム( 0.02〜0.025%)
 
再利用型カテーテルのケースの消毒
清潔、めんどくさくないなどの理由で人気がある
・塩化ベンザルコニウム、塩化ベンゼトニウムを使用
・石鹸と流水で丁寧に洗浄し完全に乾燥
  →・消毒液の交換は1日1回が望ましい
    ・長期間使用すると緑膿菌などが繁殖
   ・ポビドンヨードは生体消毒薬で器具の消毒には不適切
 
潤滑剤
・キシロカインゼリー(ショックに注意)
・グリセリン
・KYゼリー(ジョンソンエンドジョンソン)
などの水溶性ゼリーを使用する。
オリーブオイルは比重が低いため、使用しないほうがいい
 
継続できるCIC指導時のポイント
第7回「快適な排尿をめざすセミナー」の様子
・CICの必要性の理解
・羞恥心、不快感への対応
・簡単な操作の選択
・導尿時間、導尿方法など幅を持たせる
・CIC導入による結果を理解してもらう
・継続サポート体制の説明をする
 
CI(S)Cの実際
1.手を洗うまたはウエットティッシュで拭く
2.導尿しやすい姿勢をとる
3.尿道口を清拭する
4.カテーテルに潤滑油を塗布する
5.カテーテルを尿道口に入れる
6.尿が出たらさらに2cm程度膀胱内に入れる
7.尿が出終わったら、カテーテルをゆっくり引き出し完全に尿を出す
8.カテーテルの処理をする
 
導尿の姿勢
※男性の場合
・立位でも座位でも可能
・環境に合わせて導尿しやすい体制をとる
※女性の場合
・洋式便器に座る 和式便器にしゃがむ
・立位で行なう
※車椅子に座ったまま実施
 
尿道にカテーテルを挿入する
※男性の場合
・ペニスを身体に直角または頭側に保持する(尿道口をまっすぐにする)
・尿道口をしっかり露出する
・前立腺部にあたり入りにくい場合はペニスを下向きにする
※女性の場合
・陰唇を広げる
・鉛筆を持つようにカテーテルをもつ
 
尿道口が分かりにくい場合
・慣れるまで鏡を使用する
・尿道口を指で触る
・膣に指を当てて誤挿入しないようにする

【NPO快適な排尿をめざす全国ネットの会 事務局】
〒604-8172 京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町599 CUBEOIKE6階
TEL : 075-257-8120 / FAX : 075-257-8260 / E-mail : info@hainyo-net.org
◆お問い合わせいただく前の注意事項◆
この連絡先は、各セミナー、研究会及びNPO会員の問い合わせに限ります。
会員以外の方の症状及び病院紹介に関する問い合わせには、 返答いたしかねますのでご了承ください。
詳細は各病院にお問い合せください。
Copyright(C) Comfortable Urology Network All rights reserved 2005.
ページの先頭にもどる