お知らせ

「第49回快適な排尿をめざすセミナー
間歇導尿指導認定セミナー 中級〜 」参加のご案内


日時: 2018年12月8日(土) 10:00〜17:20、12月9日(日) 9:15〜11:40
場所: 京都府医師会館 トレーニングセンター 講義室501号
京都市中京区西ノ京東栂尾町6(JR・地下鉄東西線「二条」駅東ロータリー南隣)
TEL:075-354-6711
参加対象者: 主に医師、看護師、OT、PT、排尿機能検査士などの医療職で、 CIC指導認定セミナー(初級)受講者
定員: 40名(先着順)
申込方法: 下記の参加申込書にご記入の上、郵送・FAX・メールにてお申し込みください。
申込締切: 11月30日(金)
参加費: 25,000円
※認定書希望の方は、別途費用 (5,000円)が必要になります。
参加申し込み・問い合わせ先:
〒604-8172 京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町599  CUBEOIKE 6階
NPO快適な排尿をめざす全国ネットの会 担当:山田
TEL:075-257-0022 FAX:075-257-8260 E-mail:j.yamada8124@gmail.com

【はじめに】
社会の高齢化のスピードは予想以上に速く、QOLの重要な部分である「排尿」はますます大きな問題になってきています。しかしながら、まだまだ国や行政の対応は遅れております。当NPOは、現在、厚生労働省と連絡を取りながら、間歇導尿指導認定セミナーを企画運営しております。 
今回、初級セミナー受講者を対象に、さらにステップアップした、中級セミナーを企画しました。
間歇導尿(CIC)の指導を病院内で積極的におこない、また自信を持って個別指導ができることを目的とし、今後も皆様と一緒に勉強していければ幸いです。

【1日目】
10:00〜10:40
「小児のCICケア」
講師 田中 悦子 氏 (大阪市立総合医療センター 泌尿器科外来 看護師)
・小児のCICケアの特殊性と注意すべき点など実例を交えて解説いただきます。

10:40〜11:10
「自己導尿と作業療法士との関わり」
講師 伊藤 恵 氏  (長浜赤十字病院 作業療法士)

11:10〜12:20
「残尿測定について」
講師 山口 昌子 氏 (訪問看護ステーションひまわり)
実技「自己導尿における移動動作の実習と残尿測定の実習」(2グループに分けて行います)

12:20〜13:10
休憩

13:10〜13:50
「脊髄損傷の排尿管理」
講師 小澤 秀夫 先生 (水島中央病院 泌尿器科 部長)
・脊髄損傷の急性期〜慢性期の排尿管理のポイントをわかりやすく解説いただきます。

14:00〜16:20
「ロール・プレイング」
・難治事例を通して、自己導尿認定士に必要なことは何かをディスカッションしていただき、CICの受け入れに対する対応能力を養います。

16:30〜17:20
「CICの原理と現場からのいくつかの問題提起」
講師 百瀬 均 先生 (独立行政法人地域医療機能推進機構 星ヶ丘医療センター 副院長)
・CICの生い立ち、CIC施行中の患者に検尿は必要か、残尿が多い患者はCICが必要かなどわかりやすく解説いただきます。

 

【2日目】
9:15〜10:10
プレゼンテーション「自己導尿認定士に必要なこと」

10:10〜10:40
「ネオブラダーの術式と排尿管理」
講師 上田 朋宏 先生 (泌尿器科 上田クリニック 院長)
・尿路変更に伴う排尿管理について

10:50〜11:20
テスト

11:20〜11:30
グループ別成績発表

11:30〜11:40
修了書授与
まとめ


「第49回快適な排尿をめざすセミナー〜間歇導尿指導認定セミナー〜」参加申込書

お名前・ふりがな  
自宅住所
TEL       
)  FAX  (
 
勤務先/職業/役職  
勤務先住所
TEL       
)  FAX  (
 
連絡先 E-mail  
認定書  希望する、希望しない) どちらかに○をおつけください。
認定書の希望送付先 自宅、勤務先) どちらかに○をおつけください。
備考  

※参加費は、後日こちらからメールもしくはFAXにて振り込み先をお知らせします。事前にお振込みください。振り込みはお知らせ後、1週間以内にお願いいたします。振り込みをもって正式な参加申込受付とします。尚、入金後の返金はいたしませんので、ご了承くださいませ。


上記の必要事項をご記入の上、メールまたはFAXにて事務局までお送り下さい。
(こちらから申込用紙をダウンロードして添付いただいても結構です [Wordファイル24KB]。)


「第48回快適な排尿をめざすセミナー
間歇導尿指導認定セミナー 上級〜 」参加のご案内


日時: 2018年8月4日(土) 11:00〜18:00、8月5日(日) 9:00〜14:00
場所: 京都府医師会 トレーニングセンター 講義室501号
京都市中京区西ノ京東栂尾町6(JR・地下鉄東西線「二条」駅東ロータリー南隣)
TEL:075-354-6711
参加対象者: CIC指導認定セミナー中級修了者
申込方法: 往復はがきに、氏名、住所、電話番号、所属、職種、メールアドレスをご記入ください。
※4月30日(月)以降、申し込みの受理を返信いたします。
(返信に「受講希望を受理した旨」と「事前課題」を記載しております)
※受講決定は、レポート審査後のご案内となります。

受講条件 返信はがき記載の事前課題をご提出いただき、理事長による審査後、受講決定を通知いたします。(ドメイン指定受信などを設定されている場合は「@gmail.com」からのメール受信を許可していただきますよう設定変更をお願いいたします)。
定員: 20名
※各地方でコアになれるスタッフを養成する目的にて、地域の人数を設定しています。
地域にばらつきがある場合は、近隣地域から人数枠を若干変更する場合があります。

申込締切: 2018年4月30日(月)必着
参加費: 30,000円
※認定書希望の方は、別途費用 (10,000円)が必要になります。
※振込先は、受講決定者にお知らせします。
受講までの流れ
1.往復はがきで申し込む→2.往復はがきの返信で「事前課題」を知らせます→
3.事前課題を事務局へ提出→4.理事長による審査後、受講決定を通知します
(受講決定者は、1週間以内に入金していただき、正式に受講となります)
※理事長による審査があるため、申込者全員が受講できるとは限りません。
参加申し込み・【往復はがき送付先】:
〒604-8172 京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町599  CUBEOIKE 6階
NPO快適な排尿をめざす全国ネットの会 担当:山田宛
TEL:075-257-0022 FAX:075-257-8260 E-mail:j.yamada8124@gmail.com

【はじめに】
QOLに大きな影響を及ぼす「排尿」の問題は、超高齢社会においては避けて通れない問題です。
当NPO法人は2009年より、間歇導尿指導認定セミナーを企画運営し、スペシャリストの育成に努めてまいりました。

近年ますますこの取組みを全国に広げていく必要性が増しており、各地で指導認定者を指導できる人材の確保が不可欠となりました。

このような背景から、今回間歇導尿指導認定セミナー 上級 を企画しました。本セミナーを受講し、合格された認定者とともに全国で「排尿」の問題に取組んでいただければ幸いです。

【1日目】
11:00〜11:10
「オリエンテーション」 NPO事務局

11:10〜12:10
「事前課題を振り返って」
講師 上田 朋宏 先生(泌尿器科上田クリニック 院長)

12:10〜13:10 休憩

13:10〜13:25
「プレゼンテーション」 共催企業様

13:25〜14:25
「プレゼンテーションにおけるコミュニケーション」
講師 佐藤 利美 氏(社会福祉法人 京都市社会福祉協議会)

14:25〜14:40 休憩

14:40〜15:15
「ワールドカフェ1」自己紹介

15:15〜16:15
「泌尿器科は在宅医療専門医になれるのか?」
講師 渡辺 康介 先生(渡辺西賀茂診療所 所長)

16:15〜16:30  休憩

16:30〜18:00
「ワールドカフェ2」 地域で特性(排泄問題)をふまえた標準化

※ポスター掲示

【2日目】

※ポスター閲覧

9:00〜10:00
「ポスター発表」 (各グループ10分)

10:00〜10:30
プレゼンテーション準備  ※休憩

10:30〜12:10
「プレゼンテーション発表」(1人5分)
講師 上田 朋宏 先生

12:10〜13:00 休憩

13:00〜13:20
「総評」
講師 上田 朋宏 先生

13:20〜14:00
修了書配布  
事務連絡
今後の活動について 他

 


【NPO快適な排尿をめざす全国ネットの会 事務局】
〒604-8172 京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町599 CUBEOIKE6階
TEL : 075-257-8120 / FAX : 075-257-8260 / E-mail : info@hainyo-net.org
◆お問い合わせいただく前の注意事項◆
この連絡先は、各セミナー、研究会及びNPO会員の問い合わせに限ります。
会員以外の方の症状及び病院紹介に関する問い合わせには、 返答いたしかねますのでご了承ください。
詳細は各病院にお問い合せください。
Copyright(C) Comfortable Urology Network All rights reserved 2005.
ページの先頭にもどる