お知らせ

第41回排尿管理研究会

参加及び一般演題募集のご案内

拝啓 秋色の候、皆様方には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、この度表記研究会の開催にあたり、一般演題を募集させて頂きたく存じます。この研究会が排尿管理をめぐる話題を中心に、情報交換と研究促進の場になればと思っております。
諸先生方にはお忙しい中恐縮ではございますが、演題の申し込みをいただきますよう宜しくお願い申し上げます。尚、演題募集の締め切りは11月24日(金)、抄録は12月21日(木)までにお願いします。また、ご参加の方は、添付の参加申込書にご記入の上、事務局までメールもしくはFAXしてください。参加申し込み期限は1月16日(火)です。
皆様のご参加をお待ち申し上げております。

敬具

平成29年10月吉日

世話人代表 上田 朋宏


日時 平成30年1月20日(土)
11:00〜17:00 研究会(4F 研究室3)
17:00〜 懇親会(8F 大文字)
場所 メルパルク京都 4F 研究室3
京都市下京区東洞院通七条下ル東塩小路町676番13
(JR京都駅烏丸口東、徒歩3分)
TEL 075-352-7444

§特別講演 
「下部尿路症状の最新情報について」
泌尿器科 上田クリニック 院長 上田 朋宏 先生

§特別講演 
「基礎研究から得た知見を臨床・介護にどう繋げるか
        〜膀胱知覚のメカニズムを知ることから〜」
京都大学大学院医学研究科 泌尿器科学 医師 千菊 敦士 先生

排尿する」という毎日当たり前に行っている生理現象には複雑なメカニズムが関わって いますが、医学書を読んでも神経経路の話が多く、難しいと感じる方が多いのではないでしょうか。 まずはこのメカニズムを少し整理することで、頻尿、尿意切迫感といった症状、そして過活動膀胱などの 疾患概念を理解し、その対応策を考えるきっかけになると考えています。基礎研究者の多くは、得られた知見をどのように臨床応用するかを模索していますが、排尿障害はさらにその先の介護まで考える必要がある幅広い分野であり、患者さんのQOLに大きな影響を及ぼします。 臨床・介護を意識しながら基礎研究を行う一泌尿器科医の私見を通じ、多忙な日常診療にちょっとした “根拠”を与えるようなお話が出来ればと思っています。

演題締切: 平成29年11月24日(金)
演題名、所属、氏名を書き添えの上、事務局までお送りください。
  ※参加費:コメディカル:3,000円 医師・メーカー:5,000円
NPO正会員の方は、コメディカル:2,000円 医師・メーカー:4,000円

《連絡先》   〒604-8172 京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町599 CUBEOIKE 6階
排尿管理研究会事務局 担当:山田
TEL:075-257-0022 FAX:075-257-8260  j.yamada8124@gmail.com


第41回排尿管理研究会 参加申込書

お名前  
所属  
ご連絡先  
E-mail  
一般演題 (   )
    タイトルだけでも先に頂戴できれば幸いです。  
懇親会 参加する   /   参加しない
※どちらかに○をおつけください。

上記の必要事項をご記入の上、メールまたはFAXにて事務局までお送り下さい。
(こちらから申込用紙をダウンロードして添付いただいても結構です [Wordファイル27KB])


「第46回快適な排尿をめざすセミナー
間歇導尿指導認定セミナー 中級〜 」参加のご案内


日時:

2017年12月9日(土) 10:00〜17:20、12月10日(日) 9:15〜11:40

場所: 京都府医師会館 トレーニングセンター 講義室501号
京都市中京区西ノ京東栂尾町6(JR・地下鉄東西線「二条」駅東ロータリー南隣)
TEL:075-354-6711
参加対象者: 主に医師、看護師、作業療法士、理学療法士、排尿機能検査士などの医療職で、 CIC指導認定セミナー(初級)受講者
定員: 40名(先着順)
申込方法: 下記の参加申込書にご記入の上、郵送・FAX・メールにてお申し込みください。
申込締切: 11月30日(木)
参加費: 20,000円
※認定書希望の方は、別途費用 (5,000円)が必要になります。
参加申し込み・問い合わせ先:
〒604-8172 京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町599  CUBEOIKE 6階
NPO快適な排尿をめざす全国ネットの会 担当:山田
TEL:075-257-0022 FAX:075-257-8260 E-mail:j.yamada8124@gmail.com

【はじめに】
社会の高齢化のスピードは予想以上に速く、QOLの重要な部分である「排尿」はますます大きな問題になってきています。しかしながら、まだまだ国や行政の対応は遅れております。当NPOは、現在、厚生労働省と連絡を取りながら、間歇導尿指導認定セミナーを企画運営しております。 
今回、初級セミナー受講者を対象に、さらにステップアップした、中級セミナーを企画しました。
間歇導尿(CIC)の指導を病院内で積極的におこない、また自信を持って個別指導ができることを目的とし、今後も皆様と一緒に勉強していければ幸いです。

【1日目】
10:00〜10:40
「小児のCICケア」
講師 田中 悦子 氏 (大阪市立総合医療センター 泌尿器科外来 看護師)
・小児のCICケアの特殊性と注意すべき点など実例を交えて解説いただきます。

10:40〜11:10
「自己導尿と作業療法士との関わり」
講師 伊藤 恵 氏  (長浜赤十字病院 作業療法士)

11:10〜12:20
「残尿測定について」
講師 山口 昌子 氏 (訪問看護ステーションひまわり 看護師)
実技「自己導尿における移動動作の実習と残尿測定の実習」(2グループに分けて行います)

12:20〜13:10
休憩

13:10〜13:50
「脊髄損傷の排尿管理」
講師 小澤 秀夫 先生 (水島中央病院 泌尿器科 部長)
・脊髄損傷の急性期〜慢性期の排尿管理のポイントをわかりやすく解説いただきます。

14:00〜16:20
「ロール・プレイング」
講師 永田 かおり 氏 (社会福祉法人ひだまり 理事長)
・難治事例を通して、自己導尿認定士に必要なことは何かをディスカッションしていただき、CICの受け入れに対する対応能力を養います。

16:30〜17:20
「CICの原理と現場からのいくつかの問題提起」
講師 百瀬 均 先生 (独立行政法人地域医療機能推進機構 星ヶ丘医療センター 副院長)
・CICの生い立ち、CIC施行中の患者に検尿は必要か、残尿が多い患者はCICが必要かなどわかりやすく解説いただきます。

 

【2日目】
9:15〜10:10
プレゼンテーション「自己導尿認定士に必要なこと」

10:10〜10:40
「ネオブラダーの術式と排尿管理」
講師 上田 朋宏 先生 (泌尿器科 上田クリニック 院長)
・尿路変更に伴う排尿管理について

10:50〜11:20
テスト

11:20〜11:30
グループ別成績発表

11:30〜11:40
修了書授与
まとめ


「第46回快適な排尿をめざすセミナー〜間歇導尿指導認定セミナー〜」参加申込書

お名前・ふりがな  
自宅住所
TEL       
)  FAX  (
 
勤務先/職業/役職  
勤務先住所
TEL       
)  FAX  (
 
連絡先 E-mail  
認定書  希望する、希望しない) どちらかに○をおつけください。  
認定書の希望送付先 ( 自宅、勤務先) どちらかに○をおつけください。  
備考  

※参加費は、後日こちらからメールもしくはFAXにて振り込み先をお知らせします。事前にお振込みください。振り込みはお知らせ後、1週間以内にお願いいたします。振り込みをもって正式な参加申込受付とします。尚、入金後の返金はいたしませんので、ご了承くださいませ。


上記の必要事項をご記入の上、メールまたはFAXにて事務局までお送り下さい。
(こちらから申込用紙をダウンロードして添付いただいても結構です [Wordファイル24KB]。)

 


【NPO快適な排尿をめざす全国ネットの会 事務局】
〒604-8172 京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町599 CUBEOIKE6階
TEL : 075-257-8120 / FAX : 075-257-8260 / E-mail : info@hainyo-net.org
◆お問い合わせいただく前の注意事項◆
この連絡先は、各セミナー、研究会及びNPO会員の問い合わせに限ります。
会員以外の方の症状及び病院紹介に関する問い合わせには、 返答いたしかねますのでご了承ください。
詳細は各病院にお問い合せください。
Copyright(C) Comfortable Urology Network All rights reserved 2005.
ページの先頭にもどる