お知らせ

第40回排尿管理研究会

参加のご案内

 

拝啓 向暑の候、皆様方には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、この度、表記研究会の開催にあたりご案内申し上げます。この研究会が排尿管理をめぐる話題を中心に、情報交換と研究促進の場になればと思っております。皆様方にはお忙しい中、恐縮ではございますが、ふるってご参加くださいますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。
ご参加下さる方でお申し込みがまだの方は、添付の参加申込書にご記入の上、事務局までメール もしくはFAXしてください。参加申し込み期限は7月6日(木)です。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

敬具

平成29年6月吉日

世話人代表 上田 朋宏


日時:
平成29年7月8日(土)
13:00〜17:00 研究会(4F 研究室3)
場所:
メルパルク京都 4F 研究室3
京都市下京区東洞院通七条下ル東塩小路町676番13
(JR京都駅烏丸口東、徒歩3分)
TEL 075-352-7444
後援:
京都府医師会
13:00〜13:25
「排泄用具を活用した孫たちとの三世代交流 〜3つの在宅事例から〜」
きちっと居宅介護支援事業 佐藤 文恵 氏
13:25〜13:50
「撥水キャンペーンによる仙骨部周囲褥瘡の減少
〜紙おむつ着用中の予防的スキンケアに着目して〜」
市立豊中病院 皮膚・排泄ケア認定看護師 曽根 光子 氏
13:50〜14:15
「地域包括ケア体制における排尿ケアの現実と課題」
産業医科大学 名誉教授、北九州市立大学 特任教授 舟谷 文男 先生
14:15〜14:40
§特別講演 
「泌尿器科と泌尿器科以外の通院患者の排尿の問題について」
泌尿器科 上田クリニック 院長 上田 朋宏 先生
14:40〜14:55
 〜コーヒーブレイク〜
14:55〜15:20
「ポータブルトイレに対する意識調査を通して」
平成リハビリテーション専門学校 作業療法士 佐平 安紀子 氏
15:20〜15:45
「頸椎損傷者の排尿支援の現状と課題」
社会福祉法人神奈川県総合リハビリテーション事業団 
地域リハビリテーション支援センター 作業療法士 一木 愛子 氏
15:45〜15:55

〜休憩〜

15:55〜16:55
§特別講演 
「高齢者の排尿障害をどう診るか」
国立長寿医療研究センター 手術・集中治療部長 吉田 正貴 先生
参加費:
コメディカル:3,000円 医師・メーカー:5,000円
NPO正会員の方は、コメディカル:2,000円 医師・メーカー:4,000円
※当日会場での参加受付は出来ませんので、お早めにお申込ください。
※本研究会は医療担当者を対象にしており、一般者の参加受付はできかねますのでご了承ください。
参加申し込み・問い合わせ先:
〒604-8172 京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町599 CUBEOIKE 6階
排尿管理研究会事務局 担当:山田
TEL:075-257-8120 FAX:075-257-8260  E-mail:j.yamada8124@gmail.com
※第40回排尿管理研究会の共催企業は排尿管理研究会、第一三共株式会社です。

第40回排尿管理研究会 参加申込書

お名前  
所属  
ご連絡先  
E-mail  

上記の必要事項をご記入の上、メールまたはFAXにて事務局までお送り下さい。
(こちらから申込用紙をダウンロードして添付いただいても結構です [Wordファイル27KB])


「第45回快適な排尿をめざすセミナー
間歇導尿指導認定セミナー 初級〜 」参加のご案内


日時: 2017年6月17日(土) 9:45〜17:40、6月18日(日) 9:15〜11:40
場所: メルパルク京都4F 研修室3+4
京都市下京区東洞院通七条下ル東塩小路町676番13
(JR京都駅烏丸口東、徒歩3分)
参加対象者: 主に医師、看護師、OT、PT、排尿機能検査士などの医療職
定員: 80名
申込方法: 下記の参加申込書にご記入の上、郵送・FAX・メールにてお申し込みください。
申込締切: 6月2日(金)
参加費: 20,000円
※認定書希望の方は、別途費用 (5,000円)が必要になります。
参加申し込み・問い合わせ先:
〒604-8172 京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町599  CUBEOIKE 6階
NPO快適な排尿をめざす全国ネットの会 担当:山田
TEL:075-257-8120 FAX:075-257-8260 E-mail:j.yamada8124@gmail.com

【はじめに】
間歇導尿(CIC)の指導は、各施設で独自の方法で行っていることが多いのが現状です。また、患者さまからの手技上の質問にどう対応するべきか医療職側で迷ったり、毎月必要なカテーテルなどを患者さまに渡すだけで、継続的なCICの関わりが薄れている場合も少なくないと思われます。そこで、正しい方法で長く継続できる、CICの方法を確立することが必要となります。CICの指導を行なうときは、医療職が自信を持って関わり、患者さんのQOLの向上に向け柔軟に対応していくことが望まれます。
今回、CIC指導の基本的な知識を習得し、正しい知識のもとで自信を持って指導が行えるようにすることを目的とし、CICに関するセミナーを企画しました。また、CIC指導を通し、各施設の多職種で連携を行い、CICの正しい指導法を確立し、知識の普及やケアの充実を図ることを目指しています。

【1日目】
9:45〜10:35
「CICの基礎知識、CICの適応となる疾患」
講師 上田 朋宏 先生 (上田クリニック 院長、NPO理事長)
・下部尿路解剖生理
・下部尿路障害の診断 CIC導入にいたるまで

10:35〜11:05
「CIC指導時の心構え」
講師 永坂 和子 氏 (人間環境大学 看護学部看護学 大学院看護学研究科 講師)
・指導するときの配慮と心構え
・指導時の注意事項
・継続していくための指導方法

11:05〜11:35
「CICの手技の指導ポイント」
講師 山口 昌子 氏 (訪問看護ステーションひまわり 管理者)
・CICの指導方法 導尿の実際
・患者家族の説明
・消毒方法
・カテーテルの保存方法
・交換時期   他

11:35〜12:30
休憩

12:30〜13:00
「セルフケア指導のポイント」
講師 田中 悦子 氏 (大阪市立総合医療センター 泌尿器科外来 看護師)
・男性の場合、女性の場合

13:00〜14:00
実技
・デモ器を使用しての指導、導尿体験等

14:10〜14:50
「障害がある場合 脊髄損傷の患者のCIC指導」
講師 兵庫県立リハビリテーション中央病院

14:50〜15:40
「CICの基礎知識、〜導尿回数をどのように決定するか?〜」
講師 小澤 秀夫 先生 (水島中央病院 泌尿器科 部長)
・自己導尿の回数をどのように決めていくのか
・排尿日誌
・時間的配分
・アセスメント(排尿障害、適応、CIC指導時のアセスメント、一時的か?永久的か?)
・CIC中止のポイント、考えられるトラブルと対応方法

15:40〜16:40
ワークショップ
「自己導尿についての医療、看護、介護現場で、問題点とどうアプローチしていくか?どう対応していくか?」

CIC現場では排泄に関する問題に対し、現場だけしかわからないことや職種によって連携が取れていない状態です。どんな問題点があるのか一緒に考えていきましょう。「どうすれば快適な排尿にむすびつけていけるのか」、問題とその対策について検討し、発表します。

16:50〜17:40
「法律と費用について」
講師 井上 亘 先生 (井上医院 院長)
・法律(家族に出来、介護士に出来ない理由)
・費用について(保険点数について

 

【2日目】
9:15〜10:00
ワークショップ
前日に引き続いておこないます。

10:00〜10:30
発表、ディスカッション

10:40〜11:20
テスト

11:20〜11:30
ワークショップ グループ別成績発表

11:30〜11:40
修了書授与
まとめ、アンケート提出


「第45回快適な排尿をめざすセミナー〜間歇導尿指導認定セミナー〜」参加申込書

お名前・ふりがな  
自宅住所
TEL       
)  FAX  (
 
勤務先/職業/役職  
勤務先住所
TEL       
)  FAX  (
 
連絡先 E-mail  
認定書  希望する、希望しない) どちらかに○をおつけください。  
認定書の希望送付先 ( 自宅、勤務先) どちらかに○をおつけください。  
備考  

※参加費は、後日こちらからメールもしくはFAXにて振り込み先をお知らせします。事前にお振込みください。振り込みはお知らせ後、1週間以内にお願いいたします。振り込みをもって正式な参加申込受付とします。尚、入金後の返金はいたしませんので、ご了承くださいませ。


上記の必要事項をご記入の上、メールまたはFAXにて事務局までお送り下さい。
(こちらから申込用紙をダウンロードして添付いただいても結構です [Wordファイル24KB]。)

 


【NPO快適な排尿をめざす全国ネットの会 事務局】
〒604-8172 京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町599 CUBEOIKE6階
TEL : 075-257-8120 / FAX : 075-257-8260 / E-mail : info@hainyo-net.org
◆お問い合わせいただく前の注意事項◆
この連絡先は、各セミナー、研究会及びNPO会員の問い合わせに限ります。
会員以外の方の症状及び病院紹介に関する問い合わせには、 返答いたしかねますのでご了承ください。
詳細は各病院にお問い合せください。
Copyright(C) Comfortable Urology Network All rights reserved 2005.
ページの先頭にもどる