看護師のお役立ち情報コーナー

便秘について part1

【便(糞)とは】
動物の排泄物のうち消化管から排泄されるもので、糞便、大便といわれます。
俗に、うんこ、うんち、ばばや大便から転じて、大とも言います。
「うんこ」「くそ」については、転じて取るに足りない物、無意味な物、役立たない物、必要な物を指し、このように形容する場合もあります。

【便の量】
便秘に悩む男性のイラスト人間の場合、1日に平均して100〜250gです。
日本人が80年の間に排泄する糞の平均量は約15トンといわれています。
長い間(1週間以上)、便が出ない場合、専門家への相談をお勧めします。

【排便障害とは】
何らかの原因で排便が快適に行えない状態をいいます。
便秘、下痢、排便困難、便失禁などがあります。

【便秘とは】
便秘とは、決まった定義はありませんが、「排便が順調に行われず、排便回数や排便量が減った状態」をいいます。3〜4日に1回の排便でも、気持ち良く便が出て、本人に満足感があり、体調がよければ便秘とは言いません。逆に毎日排便があっても、便が硬くて出にくい、排便があるが残便感がある、排出に非常に苦労している状態などを便秘と考えます。

1排便回数の減少
2便量の減少
3硬便
4残便感
5排出困難(感)など
15の状態が組み合わさっているものが便秘といえます。

【便秘の原因】
便意の我慢、運動不足、ストレス、薬、腸の病気などがあります。

【便秘の分類】
1.薬物性便秘
便秘の原因となる薬剤
1制酸剤・抗コリン剤
2抗うつ剤
3パーキンソン病治療薬
4麻薬
5咳止め・風邪薬。気管支喘息薬
6鉄剤
7利尿薬

2.器質性便秘
消化管あるいは全身的に便秘の原因となる明らかな病気があることによって起こる便秘を指します。

3.機能性便秘
1弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)
主に筋力の低下により、大腸の動きが悪くなることが原因で、便をスムーズに送りだせません。高齢の方やお産を経験した女性に多く現れる症状です。

2直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)
便意があるのに排便を我慢しすぎることによって、便が直腸内に送られても(肛門近くまで到達しているのに)、なかなか便が出ず、便が直腸内に留まってしまうことによって起こります。

3痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)
日頃のストレスや睡眠不足等により、腸の一部が痙攣し、便の通りが悪くなる ことによって起こります。

体操する男女のイラスト【便秘の解消法】
1.便意を我慢しないこと
2.便秘に対して、下剤を使わないこと
3.便秘体質を改善すること
4.生活を見直す
5.食事の改善
6.運動    などがあります。


【NPO快適な排尿をめざす全国ネットの会 事務局】
〒604-8172 京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町599 CUBEOIKE6階
TEL : 075-257-8120 / FAX : 075-257-8260 / E-mail : info@hainyo-net.org
◆お問い合わせいただく前の注意事項◆
この連絡先は、各セミナー、研究会及びNPO会員の問い合わせに限ります。
会員以外の方の症状及び病院紹介に関する問い合わせには、 返答いたしかねますのでご了承ください。
詳細は各病院にお問い合せください。
Copyright(C) Comfortable Urology Network All rights reserved 2005.
ページの先頭にもどる