看護師のお役立ち情報コーナー

紫色尿バック症候群

長期留置カテーテルを挿入しいている患者さんのハルンバッグ(開口式尿袋)が、青色や紫色になり、驚かれたことはありませんか?
患者さんの尿の色は正常なのに、ハルンバッグが青色や紫色に染まる現象を「紫色尿バッグ症候群」と呼び、1978年にBarlowらにより最初に報告されました。

 

色が染まる原因は?

カテーテル導尿患者のバック内の尿が紫色になる現象の写真患者さんの便秘のときに起こりがちです。便が腸内に溜まると腸内細菌が増殖し、便中のトリプトファン(アミノ酸のひとつ)がインドール(便中にある糞臭のある物質)に分解されます。
インドールは腸管から吸収され、肝臓で硫酸抱合されてインジカン(無色の水溶性有機物質)となり、尿から排泄されます。インジカンは尿中の様々な細菌によりインジゴブルー(青色色素)とインディルビン(赤色色素)に分解されます。この2つの物質は水には溶けませんが、プラスチックやポリマーに溶け込む性質を持っているために、プラスチック製の尿バックや導尿チューブにも色が付くことになります。この2つの物質の比率によって、藍色、紫色、ピンク色にも変化します。

 

これまでに報告された事例をみますと、回腸導管術後の患者さんや寝たきりの高齢者、障害者があるためカテーテルを挿入なさっておられる方々に多くみられます。便秘がちで、水分摂取量も少ないため、尿中インジカンの濃度が高くなるためと思われます。また、留置カテーテルを装着しているため、尿路感染症を起こしやすいことも誘因と言われています。ハルンバッグが紫色だからといって、あわてて受診する必要はなく、そのまま様子を見ていてもかまいません。

 

対策として

  • 便秘の改善をする。
    水分摂取量の確認をおこない、必要なら水分補給を進める。
  • 尿路感染の有無の確認をおこない、感染があれば、専門医の受診を薦める。
  • 留置カテーテルが抜去できないか検討する。

【NPO快適な排尿をめざす全国ネットの会 事務局】
〒604-8172 京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町599 CUBEOIKE6階
TEL : 075-257-8120 / FAX : 075-257-8260 / E-mail : info@hainyo-net.org
◆お問い合わせいただく前の注意事項◆
この連絡先は、各セミナー、研究会及びNPO会員の問い合わせに限ります。
会員以外の方の症状及び病院紹介に関する問い合わせには、 返答いたしかねますのでご了承ください。
詳細は各病院にお問い合せください。
Copyright(C) Comfortable Urology Network All rights reserved 2005.
ページの先頭にもどる