看護師のお役立ち情報コーナー

排尿日誌(排尿チャート、排尿記録)について

排尿日誌は、排尿時刻とそれぞれの排尿量、さらに尿失禁の有無などについて患者自身が記録するもので、半他覚的な検査として排尿パターンの評価や失禁回数の評価に用いる。
(日本泌尿器科学会 排尿機能検査士テキストより)

朝起きてから24時間の排尿状態を、目盛りつきコップなどを用いて、排尿時刻とそのときの排尿量を記録し、尿失禁の有無についてもその都度記録する。できれば3日間つけると評価しやすい。

目的によって記入項目を決めて、つける

  1. 漏れた時間と、できれば漏れた量
  2. 水分摂取時間と量
  3. 排尿時や漏れたときの状況
  4. 尿意の切迫感の有無
  5. 残尿感の有無 など


排尿日誌からどんなことがわかるか

  1. 排泄パターンの把握
  2. 失禁のタイプの推測
  3. 水分出納のバランスチェック
  4. 最大膀胱容量のチェック など


排尿日誌からケアにつなげる

  • 排尿パターンを知り、排泄誘導やオムツの交換時刻を決定する
  • ケア用品の選択をする
  • 失禁のタイプを推測し、必要時専門医への連携を図る(切迫性失禁、溢流性失禁)
  • 水分摂取量の評価と水分量の調節、指導に役立てる
  • 最大膀胱量を知り、膀胱訓練などに役立てる

【NPO快適な排尿をめざす全国ネットの会 事務局】
〒604-8172 京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町599 CUBEOIKE6階
TEL : 075-257-8120 / FAX : 075-257-8260 / E-mail : info@hainyo-net.org
◆お問い合わせいただく前の注意事項◆
この連絡先は、各セミナー、研究会及びNPO会員の問い合わせに限ります。
会員以外の方の症状及び病院紹介に関する問い合わせには、 返答いたしかねますのでご了承ください。
詳細は各病院にお問い合せください。
Copyright(C) Comfortable Urology Network All rights reserved 2005.
ページの先頭にもどる