福祉用具に関してのお役立ち情報コーナー

ポータブルバイオトイレ「あすなろ」のご紹介

ポータブルトイレを使用される方の一番の悩みは、後始末ではないでしょうか。
ご自身で後始末される方は、転倒やこぼしてしまうなどの危険がつきまといます。
かといって家族に頼むのは申し訳ないし、尊厳が傷つけられるような気がするという方もいるでしょう。

ポータブルバイオトイレ「あすなろ」は、ポータブルトイレでありながら後始末が必要ない製品です。
ポータブルバイオトイレ「あすなろ」の特長1自動で攪拌して埋めてしまうから、ニオイが気にならない。特長2便座、肘掛けなど、豊富な高さに調整可能。特長3キャスター付きだから移動も簡単。特長4お部屋にもマッチするデザイン。介護保険対象

 

通常のポータブルトイレですとバケツが入っている部分に細かい木片状のバイオチップを敷き詰めて使います。
それを温めながら撹拌させることにより、森の落ち葉が自然に土に還るように、排泄物を分解してしまいます。

Step1バイオトイレにチップを入れます。Step2排泄するとバイオ菌が活動開始!排泄物を分解して、水蒸気と炭酸ガスにしていきます。Step3バイオチップだけが残り、使用前の状態に戻ります。

毎日毎回行っていた後始末は全く必要なくなり、必要に応じて便座を拭いたり、排気フィルターを清掃する以外には次第に減ってくるバイオチップを適時補充するくらいしか作業がありません。
この程度ならご家族に気兼ねなくお願いできるのではないでしょうか。

取付けの際は、排気ホースを屋外に出すなどの作業も必要になりますので、専門業者に依頼するようにしてください。
NPO事務所で業者の紹介もできますので、事務局までご相談下さい。
外付け施工でニオイは外へ※オプション

定価は128,100円(2011年4月26日現在)、介護保険の給付対象になっています。

株式会社エール・ケア ホームページhttp://www.yell-care.co.jp/


【NPO快適な排尿をめざす全国ネットの会 事務局】
〒604-8172 京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町599 CUBEOIKE6階
TEL : 075-257-8120 / FAX : 075-257-8260 / E-mail : info@hainyo-net.org
◆お問い合わせいただく前の注意事項◆
この連絡先は、各セミナー、研究会及びNPO会員の問い合わせに限ります。
会員以外の方の症状及び病院紹介に関する問い合わせには、 返答いたしかねますのでご了承ください。
詳細は各病院にお問い合せください。
Copyright(C) Comfortable Urology Network All rights reserved 2005.
ページの先頭にもどる