福祉用具に関してのお役立ち情報コーナー

愛情厨房のご案内

高齢になると、食べ物をかんだり飲み込んだりする力が弱まってきます。そのため食べるものが偏ってしまい、結果として栄養不足を招くことがあります。しかし介護する側にとって、毎日柔らかい食事を準備するというのは大変な苦労があるようです。そういった状況から、最近はユニバーサルデザインフードと呼ばれるレトルトタイプの介護食の需要が増えてきています。

白十字「愛情厨房」の写真現在数社が発売している介護食の中でお奨めなのが、白十字「愛情厨房」です。白十字といえば「サルバ」ブランドのおむつなどが有名な、医療・介護メーカーです。「愛情厨房」は高齢の方にも食べやすい柔らかさで、栄養バランスも考慮されています。何よりしっかり味がついていて「おいしい」のが人気のポイントです。介護のプロが考えた商品ですから、安心して介護に役立てていただけると思います。

仕事柄ご家族の介護をされているという方とお話をする機会が多いのですが、真面目で責任感の強い方が多いと感じます。食事は毎日ちゃんとつくらないと… レトルトなんて…と抵抗がある方も多いのではないでしょうか。そういう方こそぜひ一度ご自身で召し上がってください。決して相手に失礼な食品ではないとご理解いただけるかと思います。

食事と排泄は密接に関わっています。毎日繰り返すこの2つの動作が快適かどうかは、生活に大きく影響を及ぼすものです。それは介護を受ける方だけでなく、介護する方にも言えることです。疲れた時はこういった商品を活用して負担を軽減してみてはいかがですか。食事に対する不安が解消されるだけでも、少し気分が楽になるのではないでしょうか。最近リニューアルして1食分262円と値段もお手頃になりました。

近くのお店に置いていないという方は、NPO事務局までご相談ください。
白十字ホームページ→http://www.hakujuji.co.jp/Products/07kaigohojo.html


【NPO快適な排尿をめざす全国ネットの会 事務局】
〒604-8172 京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町599 CUBEOIKE6階
TEL : 075-257-8120 / FAX : 075-257-8260 / E-mail : info@hainyo-net.org
◆お問い合わせいただく前の注意事項◆
この連絡先は、各セミナー、研究会及びNPO会員の問い合わせに限ります。
会員以外の方の症状及び病院紹介に関する問い合わせには、 返答いたしかねますのでご了承ください。
詳細は各病院にお問い合せください。
Copyright(C) Comfortable Urology Network All rights reserved 2005.
ページの先頭にもどる